So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

平昌冬季五輪と北朝鮮情勢 [スポーツ]

【AFP=時事】北朝鮮の核開発をめぐる安全保障上の懸念が高まっていることを受け、フランスに続いてオーストリアとドイツが22日、韓国で来年2月に開催される平昌冬季五輪への参加を辞退する可能性を示唆した。(AFP=時事)
日米韓の同盟国関係のなかで、隣国韓国の五輪開催に当たって、JOCや日本政府がどのように判断するのか。更には選手自身が自らの安全に照らしてどのように考えようとしているのか、関心がもたれる。またアメリカがどのように対応するのか。その対応次第で日本の対応は左右されるだろう。
より本源的には、開催国の韓国がどのように対応しようとしているのかも興味深い。文大統領は人道の問題として北朝鮮への支援を表明している。独裁者と人民とを峻別した政策判断だろう。何故なら金正恩体制は民主的手続きで選ばれた政権ではない。人民には責任はないという判断だろうと思う。もっと根源的な同族や民族意識があるかもしれない。この支援を否定的に見る向きも多いが、この支援に文大統領のしたたかな政治的姿勢を読むことも出来る。更に五輪開催に当たっては、南北統一チームの結成などのアドバルーンも上げたりしている。
そうした中で平昌冬季五輪開催にどのように対応するか、情勢の展開を睨みながら判断するのだろうと思う。ただ、平昌冬季五輪は韓国民の間ではそれほど盛り上がっていないという情報もある。
文大統領は思い切って開催を打ち止めることを早々に表明する方が色んな意味で金正恩委員長へのメッセージの発信になるのではないかと妄想している。
トランプ大統領の露払い宜しく北朝鮮への圧力強化と制裁を言い募っている安倍首相も、Jアラートを打ち鳴らして危機意識を必要以上に国民に喚起しているくらいなのだから、五輪不参加を表明する方が余程効果的な危機意識醸成になるのではないかと存念する。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。