So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

100年後の世界 [経済]

今朝のモーニングサテライトを視聴していたら、米国の著名投資家のバフェット氏が100年後に米国のダウ平均株価は100万円になると予想している。現在の株価は2万2千ドル強弱だから100年後に五十倍になることになる。ダウ平均はこれまでの期間で平均5%強の上昇であるので、100万円に達するには年平均の上昇率3%強で可能だから、控え目な目標額だという解説もあったり、出演者は一様に自分たちは生きていないが、どうなるのか興味深いとの所感を述べていた。
翻って、先日の日経新聞には、次のような記事があった。
「利率が高いと言われるネット銀行の定期預金でも金利は年0.3%程度です。この利率で資産を2倍に増やそうと思ったら、30年や100年では足りません。なんと約270年かかる計算になります。3回くらい生まれ変わらないと、2倍になりません。

 メガバンクの定期預金金利は年0.03%程度なので、これでは1000年かかっても2倍になりません。「平安時代から今まで預けても2倍にならない金融商品なんて……」、と誰しも思うでしょうが、現実は、有利な運用手段とはいえなくなった預金は増え続け、今や840兆円もの個人資金が銀行預金口座に、低い金利のまま、放置されているのです。

定期預金と株式投資とでは根本的に異なっているので、比較すること自体無理があることは重々承知しているが、100万ドルという数値の当否は別にして、バフェット氏のような想像力を働かすことが出来るか否かが経済を含む国力の差異が潜んでいるように思える。一人の投資家であれ、百年後の平均株価が50倍になることを想定できる人材いる所に米国の活力を読むことができるのかもしれない。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。