So-net無料ブログ作成
検索選択

為政者の両価的政治姿勢 [政治]

菅義偉官房長官は内閣の番頭である。従って、身を挺して首相を庇おうとするのは当然と言えば当然である。しかし、ここ数日の菅義偉官房長官の発言は目に余るほどである。前川氏の証言については、勝手に発言しているだけだとか、事実を検証しようとする姿勢の欠片もみせない。見方によっては、安倍首相の不利、不都合、不法性、更に言えば、恣意的な権力政治とその政治姿勢を身を以て暗々裏に晒しているように思えるほどである。ひょっとすると、官房長官は、安倍首相の政治力を殺ごうとしているのかもしれない。首相に身を委ねつつ、つまり身を捨てる姿勢を示しつつ、一面では安倍首相と距離を置こうとする態度のようにも思えるのである。
昨日の毎日新聞の記事によると、安倍首相は加計学園の監事を務めて、年に14万円の報酬を得ていたが、昔のことと自ら証言している。
加計学園は私立学校の法人として私学助成を受けているはずである。国家の助成金を受けている場合、その法人組織は、学校法人に限らず特定の政治家個人や政治団体に政治献金をすることは禁じられているはずである。
安倍首相が務めて得た監事役としての報酬は形式上は政治献金ではないとしても、ある意味では国庫補助を受けている法人からの寄付の違法性を忌避するための一種の脱法行為に極めて近いことは間違いなかろう。そのような脱法行為と取られかねない過去を国会の場で、加計学園との関係があったことをさも正直に自白する短慮を菅義偉官房長官は見透かしているのかもしれない。