So-net無料ブログ作成
検索選択

スノボ選手の大麻吸引処分 法と道徳 [スポーツ]

モーグルでは2002年、強化指定選手が、14年には元スノーボードハーフパイプ日本王者が大麻取締法違反で逮捕されているが、実はトリノ五輪前年の05年に今回とよく似た事例が起きている。

 当時19歳の男子選手が競技会のドーピング検査で大麻の陽性反応を示し、国際スキー連盟(FIS)から10か月の資格停止処分を受けたのだ。選手は使用を否定し、処分期間を経てトリノ五輪出場を果たした。

 この時、とばっちりを食らったのが、現在オタク系タレントとして活躍する成田だ。「当時『19歳の強化指定選手に大麻の疑い』と報道された。2人しかいないので、同僚の僕が“犯人”として世間に疑われた。まだ五輪代表に選ばれてない段階で、五輪に行けるか分からなかったし、悪評からスポンサーが逃げるのではと不安で仕方なかった。なんとか五輪には出場できたが、競技どころではなかったのが正直な気持ち。結果に影響しなかったといえばうそになる」
成田は「海外には原則、大麻の使用がOKな場所があり、外国人選手はたばこのような感覚で吸っている。祝い酒みたいな感じで回されて手を出したのかも。だが、副流煙を吸ってしまった“冤罪”であれば話は別。僕もゴンドラに乗っている時に変な香りをかいでしまい、怖くなったことがある。将来のある若い選手にとってすごく重い処分なので、間違いのないよう慎重に調査してもらいたい」と語った。

 スノーボード部の部長やコーチにも処分が下る見通しだが、成田は「個人に責任をなすりつけて終わり、だけは絶対にダメ。2010年に國母和宏選手(27)が“腰パン事件”を起こしたように、スノボの世界はどこか遊び気分のチャラいゆるさがある。だが、日の丸を背負うからにはスポーツマンとして最低限のマナーは守るべき。コーチの教育で選手は変わる。技術だけでなく精神面を含めたSAJの教育体制の強化が望まれる」と厳しく指摘した。(東スポ)
処分を受けた未成年の選手の大麻吸引は、米国内で大麻吸引が認められている州内のことだと報ぜられている。その意味では不法行為ではない。法律に反した行為ではない。このような場合、日本の法律が適用できるのかどうか、不案内であるが、仮に日本人が米国内で許可を得て拳銃を購入所持した場合、本邦の法律に照らして、拳銃不法所持で逮捕すべく米国に逮捕請求はできないだろう。日本国内に持ち帰ったら当然拳銃不法所持で逮捕拘引され、法律の門を潜らなければならなくなる。
処分された選手は連盟内の規律と言うより、スポーツ選手としての身の処し方が不適切だったとして処分されたことになるのだろう。吸引した大麻が選手の肉体に痕跡として残っているからということで大麻所持法違反で処罰したとでも言うのであろうか。
成田氏の言うように、間接吸引の事例ではなく、本人が吸引を認めていたとしても、連盟の幹部が厳格な処分できる事案ではない。成田氏も言うように、指導教育の対象で済む程度の事例である。
「仮に今回の当該選手が18歳以上だとしても、法に触れなければいいという問題ではない。スポーツ選手である以上、ドーピング検査に引っかかる行為に、自ら手を出すこと自体が“大罪”だ」(スポニチアネックス)という見解もあるが、法と選手の品性に拘わる広義での道徳の問題とは別の問題であろう。
道義と法とを巧みに使い分けているのが政治家である。
馳文科相を筆頭に、スポーツ界から政治家に転身して政治活動をしている国会議員も数多くいる。政治家の中で政治資金やその他の問題で法律に抵触しないが、道義的には問題とされるような政治活動に伴う好ましからざる行為についてスポーツ界出身の議員が厳しい批判をしているかどうか。
身の処し方が不適切であったという観点でなら、「能く人を容る者にして、而る後に以て人を責むる可し、人も亦其の責めを受く。人を容る能わざる者は、人を責むる能わず、人も亦其の責めを受けず」と言う古人の知恵に学んで処分の可否や質を論ずべきであったろう。「君 君たらざれば、臣 臣たらず」なのかもしれない。


神宮球場の強制使用要請はJOCの傲慢さの象徴

高校野球にとっての聖地が甲子園なら、大学球界の聖地は神宮だ。東京五輪組織委員会からの使用中止要請問題。26日に使用4団体(ヤクルト、東京六大学、東都、東京都高野連)は組織委との初交渉で借用期間の短縮と用途の変更を求めた。(中略)だから「神宮を物置きにするな」という反対意見が噴出するのも当然だ。さらにあまりに大まかで長い使用中止期間。しかも唐突に「強制追い出し」のような案を提示された(スポニチアネックス)
東京五輪開催誘致に当たって出された放射能汚染の懸念に対して、福島から500キロ離れているという震災被災者を蔑ろにしたJOC委員長の言葉に象徴されるように、五輪開催を絶対化する考えがこの神宮球場問題で一層露骨に出ている。
まるで戦後アメリカの進駐軍が、甲子園球場を一時期強制使用した考え方と同じである。否、戦後の日本は主権がGHQに掌握されていたことに比べれば、JOCの強権の発揮行使はそれ以上である。
戦後再開された高校野球(厳密には中等野球)は、西宮球場で開催されている。
日本の野球の歴史は、大学野球、中等高校野球、さらに都市対抗野球によって切り開かれてきた。だから、神宮でも、甲子園でも、後楽園球場(東京ドーム)でも、大学野球、高校野球、都市対抗野球に優先使用権が認められている。真夏の阪神は死のロードと称されても、今は京セラ開催で却って快適化しているが、甲子園は使えない。開幕試合も春の選抜に重なる時は、甲子園を避けている。
五輪は国際的大会というのであろうが、勝手に浮かれて開催を招致し、巨額の税金を費消して、一部の五輪組織委のボス連中の自己満足と建築会社、広告会社などの利益が最大の眼目であろう。
モスクワオリンピックでは、代表選手が涙ながらに参加要請を懇願しても一蹴したのが五輪組織委員会であり、政府権力者であった。
言ってみれば、五輪とはその程度のもの、その時の都合でどうにでもなるイベントである。一時的なイベントのために、神宮球場を使う大学野球連盟やヤクルト球団は恣意的な強制に屈することはない。神宮球場が使えないために五輪開催ができないというのであれば、それは組織委員会の杜撰な立案と企画の然らしめた結果なのだから、東京五輪開催を返上すればよいのである。返上して、東北や熊本大分の震災復興に全力を傾注するのが国民の安全と安心を守ることになる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

五輪エンブレムへのコメント [言葉]

 2020(平成32)年東京五輪・パラリンピックの大会エンブレムの最終候補4作品について、横浜市の林文子市長が25日の庁内会議で「ダサい」と発言。これをめぐり、林市長は26日の定例記者会見で、「否定するつもりはなかった。決まればそれに気持ちが集中すると思う」と釈明し、「(決定案は)江戸文化の粋を感じさせるデザイン。全市で全力でロゴを使い、東京五輪のためにきちっと仕事をしていきたい」と強調した。

 林市長は「『(最終候補を見たとき)ピンとこないな』という思いはあり、庁内のラフな会議で『ちょっとダサいと思っているのよ』と比喩のように使ってしまった」と説明。「(D案の)朝顔か(A案の)市松紋様がいいが、(A案は)おしゃれだけど色合いが地味なので、(五輪らしく)色を変えられないのか」などと庁内で話していたことを明かした。

 一方、黒岩祐治知事は26日の定例記者会見で、個人的にはB案を気に入っていたと明かした上で、「正直言って意外。単色のシンプルなデザインで一番弱いんじゃないかと思っていたが、選ばれた後に見てみると良さが改めて伝わってくる」と話した。(産経新聞)
丹青や臨池の作品についての評価や感想は、十人十色でその人のセンスが反映するものである。今度のエンブレムにしても、それぞれどの候補作品がいいかはそれぞれの見方があって、決まった作品についてどう評価するか自由である。林市長も自分の評価について弁明することもない。
弁明するとすれば、「ダサい」というような言葉で自分の好みと異なる対象を貶したことであろう。貶する自由は誰しも有している。公的立場の人が通りすがりに発した片言隻句をあげつらわれるのは立場上の宿命なのだろうが、公的立場に立つ人であるが故に、表現の自由は守るべきであろう。公的立場の一定の権力把持者が表現の自由を抑圧する側に身を置かない意志を持っているかどうかこそが問われるべきことである。
黒岩知事の感想も選定委員会の意を迎えるようにも取られかねない発言である。感覚や感性まで馴らされない方がいいように思う。

昨日のSB対ファイターズ戦 [プロ野球]

今では余り聞かなくなったが、代わった選手の所に打球が飛ぶのは球界の不思議の一つだと言われる。自然と人為との問題で、合理的に説明できない何か自然界の黄金律のようなものがあるということなのかもしれない。臨池の世界でも、人為としての書作行為が自然の営為との距離が近いほど妙品としての評価を受けるように、スポーツ競技という人為の世界でも自然の不可思議さが微妙に試合の帰趨を左右して勝敗に結びついたのが昨日のソフトバンクとハムの試合だったように感じた。試合の結果から結果に至る過程を考えることになったとも言える。
大野選手のホームランで2対2の同点になった9回裏、ワンアウトから長谷川選手の四球と犠打で二死二塁で吉村選手が敬遠され、一二塁になり代打の江川選手が痛烈な左前安打を放ったが、前進守備の上に当たりが強かったので代走の城所選手は三塁で留まるしかなかった。この後今宮選手の左中間の大きな当たりも西川選手に好捕されてサヨナラ試合にならなかった。
10回の表、ハムの谷口選手の一打はワンバウンドでサードの頭を越える安打になった。森投手にすれば投げ負けた投球ではなかった。次の打者の犠打で二塁に進み、西川選手の当たり損ないの打球が一塁の方向に転がり、一塁の内川選手からのボールを受けた森投手の足と西川選手の足とが一塁上で僅かな差でセーフになった。解説の池田氏によると、森投手が一塁に入るのが少し遅れたためにセーフなったとのこと。森投手の目に見えないミスがアウトを一つ取り損ねて次の中島打者を迎えることになった。ファウルを打って粘りつつ活路を見いだす好打者だが、セーフティスクイズで勝ち越し点が入った。野村理論では、一死一三塁では、外野フライで走者を帰すよりも、詰まった内野ゴロで三塁走者を生還させ、一塁走者を二塁に進ませる攻撃が望ましいという。その意味でいうと、スクイズの危険を避けて、バットに当てる技術の高い中島選手にセーフティスクイズを命じた作戦は当を得ていた。だから次の田中選手の三遊間を抜くゴロのヒットで追加点をえることが出来ることになった。
江川選手の痛烈な安打では前進守備も之あって、二塁走者は三塁止まりになった。決していい当たりではない安打を切っ掛けにしてボテボテのゴロが記録上の内野安打になり次のセーフティスクイズに結びついたのだから、昔風に言えば、柔よく剛を制すというようことでもあるが、これが勝負の綾とでもいうものであろう。
昨日の六試合のうち、昼間の四試合は、接戦ばかりで、中日は逆転負け、西武と樂天はもつれて引き分け、広島も最後に代打松山選手の一打が接戦を制しているし、ロッテは、抑えの西野投手が最後に追いつかれたが、平野投手の暴投でサヨナラ勝ちを収めていた。
冒頭で記したような不可思議な事例と同じく、両リーグの試合でも、もつれた試合が多くなるときはどの試合ももつれれている場合が多いし、大量点の試合が多いときはそれが重なる試合が多い傾向があるような印象を持っている。今風に言えば、「流れ」ということなのかもしれない。孔子の川上の歎も宜なる哉であろうか。

謙虚な振りして事実に目をそらさす広告 [言葉]

日本郵政の鶴瓶が広告の中で、概要「子供のために、大人は大したことはできないが」云々という言葉が気になる。いかにも謙虚に見せているが、事実は大人が凡てを決めて将来世代に負担を押しつけていると言ってもよいにも拘わらず。
最近も保育園設置に拘わって子供の声がうるさいという一部住民の反対で建設が難航し、あげくは自治体が断念したと昨日報ぜられていた。
筆者の住む地域でも老人倶楽部が使用しているグランドを子供会のソフト大会の練習に貸して欲しいとの要望を無碍に断ったことがあった。
このような事実に照らしても、謙虚さを装った宣伝広告を流布させて世人を誤魔化し問題をそらす手法は為政者の言葉と相通ずる。否、為政者の便佞を増幅させているとも言えるだろう。
安保法制の実効が機能した時、安倍首相や自民党幹部は国民の安心と生命の安全が守られることになった尤もらしいことを言っていた。戦争状態を招きかねない事態の将来がどうして国民の生命の安全に繋がるのか。

スポーツ選手の賭け事 [言葉]

プロ野球選手が自分が職業とする野球を賭けの対象にして、資格停止処分を受けたことが話題になった。ここ両日ではバドミントンの五輪有力候補選手が闇カジノに出入りして多額の賭け金を費消したことが報ぜられている。バドミントンの選手は謝罪会見で勝負を争っているのでギャンブルにどうしても興味と関心が向いたという内容のことを発言していた。
賭け事にもいろいろあるが、今では余り使わなくなったが、射幸心という言葉が古くからある。文字通り幸いを射るということで、運に任せて幸運を招くところに賭け事の本質がある。競馬や競輪その他経験と知識を積み重ねて幸いを射止めようとする場合もあるが、その場合は勝負事と関わりが強いかも知れない。
スポーツ競技で勝敗を競う場合、訓練を積み重ねて安定した技術を習得することで勝敗を競うのが常である。持って生まれた才能もあるだろうが、技術の修練が基礎になっていて、練習は嘘をつかないとか言われるのもその意味でであろう。
とすると、技術の修練を積み重ねて安定的に勝利を得ようとする努力は射幸心とは大いに差があると言ってもよい。勝負事も運が左右することがあるだろうが、大半は力のある者が勝ちを制する。とすれば、勝負に打ち込む者は射幸心を当てにしないのが道理であるように思う。射幸心と相容れないスポーツ競技に注力していて運が大きく左右する賭け事に現を抜かす矛盾に気づくべきであるように思う。
スポーツ競技に従っていることと射幸心を基本している賭け事を楽しむ事とは無関係である。単純に楽をして幸いとか利得を得たいという文字通りの射幸心の誘惑に負けただけに過ぎないだろう。
投資と投機の違いと同じことなのだろう。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ある学習塾の宣伝ビラ [言葉]

「夢現塾」という学習塾の宣伝ビラを見て、「ゆめうつつ塾」とは面白い命名だと思った。恐らく「むげんじゅく」と読ませて、「無限」と掛詞にして、その上で「夢」を「現実」にさせることを目指すという所に塾の目的が込められているのだろうと推測した。「ゆめうつつ」とは夢なのか現なのか未だ覚めやらぬ受験生に叱咤激励する意味を込めているのかも知れないし、ゆめうつつの内にうかうかと過ごしてはいけない、また過ごさせないという願いが込められての命名なのかも知れない。漢字の意味に添って遊んでみた次第である。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

昨日の田中選手の併殺崩しプレー(承前) [プロ野球]

田中選手のプレーについては、専門家は称賛する人が多く、昨夜のプロ野球ニュースでも大矢氏や高木氏は、田中選手のプレーを巧妙なプレーと評価していたと読んだ。巧妙なのではなく、狡猾なプレーだという方が適切であろう。
巧妙か狡猾か危険なプレーかを論ずる前に、田中選手がプレーする資格があったかどうかの方が、より本源的なことではなかろうか。明らかにセカンドベースに田中選手が滑り込む前に塁審はアウトを宣告していた。その時点で、田中選手はプレーをする資格を喪失している。
一連の流れの中で、二塁上でアウトかセーフかという間一髪を争う場面でなかった。アウトだと分かっていたから、併殺をさせまいとして滑り込んだのである。仮に衝撃で川島選手が落球していたとしても、一度送球を確保しているから、アウトは成立しているのは間違いない。彼が川島選手めがけて滑り込んだのは、サッカーのオフサイド位置の選手が、プレーをする資格がないにも拘わらずプレーをしたことと同じになり、その時点で塁審は守備妨害を宣告すべきであった。その判断が出来ずに、インプレーと見なしたのである。誤審である。田中選手のプレーを称賛する専門家もプレーの質にのみ拘っていて、ルールの本質を見失っていると言わざるを得ない。今までこのようなプレーが一連のプレーとして、罷り通ってきたのは、ルールを厳密に適用していなかったというより、それに気づかなかった怠慢だっただけに過ぎない。
既に送球が捕手のミットに収まっていて、アウトと分かっていても、本塁上で走者が捕手に体当たりするラフなプレーはまだアウトかセーフかが宣告されていないから、体当たりする瞬間までインプレーなのである。体当たりして落球すれば、セーフが宣せられ、落球しなければ、アウトが宣告される。アウトが宣告されているのに、往生際悪く捕手めがけて再度の体当たりを試みて落球を誘うようことなどは許されない。のみならずそのようなプレーは寡聞にして知らない。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

昨日の田中選手の併殺崩しプレー [プロ野球]

ホームベース上のコリジョンルールが問題になっている中で、併殺防止では、現時点ではルールに背反しないとして、里崎氏は称賛している。
一方、別の見解では危険なプレーが問題なっている中で、敢えて危険なプレーをするのは如何かとの疑問が提示されている。かつて大リーグで西岡選手や岩村選手がそのために大けがをしたことも挙げられていて、昨今でもメジャーで大怪我をした選手が出て遺恨を残すようなことも生じている。
解説していた建山氏は、ハムの側で解説しているので、当然であるが、審判の判定に従うしかないとの見解であった。言わずして、危険なプレーであったことを認めていることになる。せめて高校野球や少年野球ではまねして欲しくないプレーだとぐらいはいうべきであったろう。
更に語るに落ちるのは栗山監督の「どうスライディングをしたのかという細かいところは見ていないが、賢介は仲間を助けるために一生懸命やったこと」と評価していることである。仲間を助ける、チームを勝たすためのプレーであることはその通りであろう。しかし、「細かいところは見ていない」とすれば、もしあの判定が走塁妨害とされていたり、抗議で審判が協議をした結果、覆っていたなら、見ていなかった栗山監督は抗議をしなかったのであろうか。見ていなくても血相を変えて抗議をしていたろうことは疑いない。あのような危険に近いプレーをよく見ていないで、選手の負傷や体調管理ができるものである。
盗塁などで塁上で交錯したプレーがあると、激しいプレーをした選手が相手を気遣ったり、された選手は大丈夫という仕草をしたりしている光景はよく見かける。田中選手は一瞬倒れた川島選手の方を見ていたが、気にかけることもなくベンチに戻っていた。故意に防ごうとして危険なプレーをしたのだから、気遣う必要も感じなかったのであろうが、野球の「底力」とはこの程度のものかもしれない。
中田選手の打球は強烈な三塁ゴロだったので、田中選手は二塁ベースより余程手前でアウトになっていて、川島選手は三塁から本塁に走った西川選手を殺せるかどうかを見とどけた上で、一塁に送球し併殺できるだけの余裕があった。それだから、田中選手はセカンドベースをめがける必要がなく、川島選手の足を掬うためのスライディングをしかできなかったのである。
恐らくこのプレーをビデオ判定に持ち込むことができていたら、審判は危険なプレーとして守備妨害を宣告していたであろう。里崎氏は、ベースを抱え込むように滑り込んでいて問題はないと指摘しているが、あの場面川島選手がやむを得ず田中選手の足や腹部の上などに倒れ込んでいたら、田中選手は致命的な怪我をしていたかも知れない。
人は咄嗟の場合、相手に危害を与えることを避ける行為をするのが通常であるから、川島選手は田中選手の身体を避けて倒れ込んだのだろう。今後このようなプレーに対して、された選手の中には意図的に足を踏みつけたり顔面に倒れ込んだりすることが出てくるかも知れない。併殺プレーの場面で一塁への送球が二塁に向かう走者に当たはしないかと心配するケースもあるが、走者は身体を屈めて避けていることもある。
メジャー挑戦中の川崎選手も二塁上のコリジョンルール適用に際して、何度も怪我をさせられたとして歓迎している。
アメリカンフットボールでは、アンスポーツマンライクプレーとして反則が課させる。サッカーではレッドカードがあり、ラグビーではシンビンがあり、アイスホッケーでは二分間の退場処分がある。プロ野球でも危険なプレーに対しては、アウトが数えられたりして相応の罰則が設けられている。昨日のウエスタンのソフトバンクとオリックスの試合で、牧原選手が頭部に死球をぶつけられた場面をみていたが、意図的でなくとも退場処分になる。
昨年までの本塁上のクロスプレーでは、クロスプレーでなく、完全なアウトの場面でも捕手に文字通り体当たりをして捕手の落球を誘う乱暴なコリジョンプレーがあった。体格に優る外人選手がよく見せていた。昨日の田中選手の走塁はそれに類するプレーであったと言える。
その昔阪急のスペンサー選手の併殺を防ぐスライディングの猛烈さは有名であった。猛烈なスライディングの先駆者は巨人の与那嶺選手であった。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ