So-net無料ブログ作成

FEDウオッチャーの解説 [理念]

米FRBの政策金利の動向について、今朝のモーニングサテライトのゲストとして登場するFEDウオッチャーと称される鈴木氏の解説を聞いていると、以前から思っていたことだが、改めてその観を深めた。
ERBの議事内容について、実に詳密な解説がなされて、まるで古典の訓詁注釈と同じなのである。中国の古典でも、日本の古典解釈でも、あるいは西洋の古典解釈の論文をみていても、厳密にテキストを読み比べ、文字の異同を問題にして解釈が試みられる。法律や判例の場合でも厳密に整合性を求めつつ解釈がなされる。恐らく英文学でシェークスピアの古典を読むときでもそうした作業が行われるのだろうし、ドイツ文学、仏文学或いは西洋哲学や東洋哲学インド哲学などの文献に接する場合も同じ事だろうと思う。
学生時代に学んだ外国語の解釈でもそこそこ訳語に気を配り、原意を精確に把握しようとしたものである。総じて言えば、文献の読解力の涵養が求められているといえるだろう。
大阪大学の文学部長が文学の役割というか文学系の学問はどのような時に役に立つのかということの挨拶が話題になっていた。人生の岐路に立つときに役に立つというような見識を述べられていた。
上の文脈で言えば、恐らくその旨はキチンと文献を読み解く力を養う訓練をしていることに尽きると言うことだと解釈できる。精確に文献を把握する努力をしていると言うことは、現実の問題に直面したときにその訓練の成果が自ずから発揮されると言うことが言いたかったのではないかと勝手に解釈している。
役に立つとか役に立たないとかという視点で言えば、直ぐ役立つことは直ぐに役に立たなくなるとも言える。経済を専門にしている人で文学などは糟糠のようなものだと蔑んでのたまった御仁もいたが、無用の用という視点を包括することこそが有用の総体なのではなかろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0