So-net無料ブログ作成

昨夜のソフトバンクと樂天戦 [プロ野球]

昨日の試合展開はソフトバンクが負けるように動いていて、予想というか予感が殆ど的中した。
最大のポイントは立ち上がりにつけ込むべき則本投手に対して、一番バッターの明石選手が二球目の悪球に手を出して空振りしたことである。初球と殆ど変わらない高目のボール球を空振りしその後凡打に倒れた。もし見送っていたら四球になっていた。二番の今宮選手が二塁打を打つも、案の定際どい攻めで柳田選手を歩かせ、次のデスパイネ選手は初球を打ってショートゴロの併殺打であった。デスパイネ選手は状況を殆ど無視してフルスイングをするので、樂天バッテリーの術中に見事にはまった。ウイラー選手の悪球には極力手を出さないようにしているのとは好対照である。
今江選手の凡フライがセカンドとセンターの連携ミスで安打にしてしまったこと。その前の盗塁は塁審の位置が悪くてビデオではアウトであったのをセーフに判定された不運があったが、セカンドの高田選手はもっと速く声を出すかして対応すべきだし、柳田選手も突っ込みすぎていた。
そして、リードされているのに森投手を投入したが、この時アマダー選手かウイラー選手のどちらかに本塁打を打たれるだろうとの予感が走ったが、初球をものの見事にアマダー選手にぶち込まれた。この後四球を出すという悪い展開で銀次選手を迎えたところで昇格させたばかりの飯田投手を投げさせるべきだと思ったが、森投手を続投させて移籍したばかりのクルーズ選手に左前安打を打たれてとどめを刺された。
それに二回の攻撃でも一死一塁でフルカウントで走者を走らせて空振り三振併殺で終わっている。三回も併殺打を喫している。ソフトバンクの試合では、一死でフルカウントで一塁走者を走らせて三振併殺はよく見ることでこれまた同じ失敗を繰り返していて、去年と同じように、今年もここぞという肝心な直接対決の試合で勝てないのだから、殆ど優勝は無理なように思った。
去年は栗山采配、今年は樂天の梨田采配と工藤采配の差が出ているように思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0