So-net無料ブログ作成

ドツかれて味わう痛さかな [政治]

安倍晋三首相が学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設を巡る衆院予算委員会の閉会中審査に応じる意向を示したのは、自らが国会で説明しなければ求心力低下に歯止めがかからないと危惧したためだ。自民党側がいったん決めた予算委開催拒否という方針を自ら覆し、危機感をあらわにした。(毎日新聞)
都民ファーストが圧勝したのも、一面で言えば、安倍首相を党首とする自民公明党の強権的政治支配にドツかれて痛さを味わったからに違いない。これ以上ドツかれるのは堪忍やで!ということである。
安倍首相にしてみれば、「こんな人に負けるわけにはいかない!」と一国の首相の立場を忘れて傲岸になっていたのが、都議選で完敗という痛烈なドツキを食らって痛さを少しばかり感じたのであろう。
無告の民はドツかれなければ、分からないのが通常だとしても、一国の宰相がドツかれなければ、自らを省みることが出来ないというのもうそ寒い話ではなかろうか。
裸の王様とはよく言ったものである。身に纏うものがなくなれば、痛さもひとしおということであろうか。亦哀しからずや、とでも言おうか。
もっとも安倍首相にすれば、何の痛きことか之有らん、なのかもしれない。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0