So-net無料ブログ作成

スポーツルールの変革 [スポーツ]

野球評論家の張本勲氏が18日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜、前8時)の人気コーナー「御意見番スポーツ」に出演し、3人制バスケットボールについて「何が面白いのかねぇ。オリンピックに出るような種目じゃないと思うけどね」と首をひねった。

 3人制バスケットボールは2020年東京五輪で新種目として採用されることが決まっているが、張本氏は「だんだん(スポーツが)コンパクトになるね。時間を短くしたり。野球も七回とか、ゴルフも7ホール、サッカーも20分…」と苦々しい表情。「協会の人もしっかり考えてもらいたいわね」と、ルール改定などでコンパクト化するスポーツ界に苦言を呈した。(デイリースポーツ)
スポーツは元々見るためのものではなく、競技することに目的があるはずだから、参加することに主眼を置けば、三人制バスケであろうが、七人制ラグビーであろうが、やる人が楽しめればいいことで、傍からとやかく言うこともないだろう。
高校野球でも15回で再試合、タイブレークも導入されるとか。元来人は保守的であるから、変化を受け入れるに抵抗感強い。だから、旧来のことが変わると当初は戸惑いを覚えるものであろう。それでも社会人野球で導入されているタイブレーク制もそれはそれなりに面白い。
問題は四年に一度の大会のために巨額の資金(税金)を投下して作った施設の維持に負担を強いていることであろう。その意味では、コンパクト化は施設の簡便化にもなって、経費節約になるだけでなく、多くの人が新しい競技に参加できる事になる利点もあるのかも知れない。
張本氏はコリジョンルールにも否定的であるが、アウトと分かっているのに捕手に体当たりする本塁上のプレーはアンスポーツマンライクプレーとする罰則を設けることでもしないとむしろクロスプレーの興味を半減する。
張本氏も従来の視座とは異なった「喝!」を考えてみてはどうだろうか。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0