So-net無料ブログ作成

市議会傍聴で50円贈呈 [社会問題]

北海道苫小牧市は、15日に開会する市議会定例会の本会議傍聴者に対し、地域通貨「とまチョップポイント」50ポイント(50円分)を付与するサービスを始める。全国的にも珍しい取り組みで、有識者からは「政治への関心を広める面白い工夫」と評価の声も。市議会事務局も地域振興と傍聴者増の相乗効果を期待するが、市民や一部の市議からは「ポイント目当ての人が増えるだけ。本末転倒では」と否定的な声も出ている。(北海道新聞)
本末転倒ではというのは、正論だろうが、市政に関して積極的に関心を持ってもらい、議員の活動の実体を知って貰うにはこのような取り組みもあっても面白いと思う。
この正論を知って、その昔、組合が動員を掛けて、動員に対して日当が支払われることに対して、一種の不合理を感じたことを想起した。
年の功なのか、世間ずれしたのか、分からぬが、志の高さだけでは、なかなか事を動かせないことも分かるようになったのかも知れない。或いは、日銀が経済活動を刺激するために、金融緩和をしたり、規制をかけたりするようなことだと思えば、ポイントの付与も理解できる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。