So-net無料ブログ作成

女性天皇や女性宮家慎重論の論拠 [社会問題]

今上天皇の譲位も法的に決まり、一代限りとするという。その中で、女性宮家に慎重な議論がある。従って女性天皇には否定的な見解が強い。特に保守的立場の人ほどそうした見解を主張する。
その見解の中で、最も興味深かったのは、皇女が異国の男性と恋愛関係などで婚姻して日本の皇室の「純潔性」が失われることに対する拒否拒絶反応だということであった。男女の機微を理解した感情的感覚的尖鋭さには感服するが、皇太子だって異国の女性と恋に陥らないとは言えないだろうにと思った。
欧州諸外国では異国の王室と王室の婚姻などは珍しくもない。日本の皇室について、周囲は万世一系という純粋性と純潔性を異常に意識しているが、そもそもが大和朝廷成立と地位の確立による皇室の形成には歴史学的に解明されていないことが多いとされる。
日本民族の形成も大和民族の純粋性を言い募る保守的論客が多いが、縄文人と弥生人の融合問題、日本列島にたどり着いた太古の人が大陸や朝鮮半島更には南方の諸民族の問題、アイヌ民族との関係などなど分からないことが多々ある事だけが分かっているというのが歴史的事実であって、いってみれば、日本列島で文化を形成してこの島で生活してきた人々は諸民族や諸種属の融合した結果であることだけは古代史研究者の到達している成果だと言える。
諸民族や諸種属が融合して形成されて大和民族と称せられる民族による日本列島での秩序形成に皇室が深く関わっていることだけは間違いの歴史的事実であって、その中で日本独自の文化が形成されたというのが歴史の実相であろう。保守的論客が恣意的に考えて理想化している皇室や大和民族論などは為にする空論に過ぎないと言えるだろう。
動植物でも外来種が列島に入ってくると在来種や固有の動植物を追いやるように、古代国家形成にあってもそうした列島で生きていた人々を追いやったり、或いは諸民族と諸種属の混融があったのだろうから、この変革の時代に新たな日本人というか日本国籍を持つ人々の次なる形成誕生がじわじわと出来しつつあるのではなかろうか。
視点を変えれば日本人が異国に住み着いて活躍しているのも日本人の多様化の顕現でもあろう。
そうした中で国民統合の象徴としての天皇の位置は一層重みを増すであろう。それを皇室の純粋性に拘ったりあるいは男系の天皇だけに固執している思想的立場こそが皇室を政治的に利用しようとする証左でもある。系譜を守ることと祭りを怠らずしておればよいのだという所に保守論客の皇室を権力支配の道具と見ている本質が露呈している。天皇を蔑ろにする順逆という所以である。
そうしたことを考えると皇室の維持を考えるに当たって、側室制度でも導入するならいざ知らず、女性天皇や女性宮家の創設に否定的な見解は、天皇制はいらない、という見解と紙一重の思考になるのだろうと思われる。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0