So-net無料ブログ作成
検索選択

自衛隊の憲法九条への明記の意味する所 [政治]

安倍首相は、憲法改正を政治家としての最重要課題の一つにしているという。
常々疑わしく思っているのであるが、首相は率先して憲法を守るべき立場に居る行政の最高責任者である。その当人が憲法改憲に気炎を上げているのには違和感を覚えてきた。
自民党総裁として憲法改正を云々することは政治家として政治信念の吐露であって何ら問題はない。報道機関も政党政治によるにもかかわらず、原理問題を等閑視して、首相が改憲を主張することが当然のような記事を書き放送している。
こうした混同は、安倍首相をして自ら立法府の長と言うとんでもない発言をさせる要因でもある。議会の長は、何故この失言を問題視して、国会として厳重に抗議をし、議会で謝罪させなかったのか。衆参両院議長の職務怠慢と職責意識の欠落と言ってもいいだろう。
政治家には、政治家活動の自由と思想信条の自由は最大限尊重されなければならないことは論を待たない。しかし、行政府の長たる首相は機関の長として現行法、まして憲法を誰にもまして守る責任を負っている。公務員は憲法を守ることを誓約して任に就くことになっているではないか。
三権分立の基本的対応はおろか、意識もない、つまり権力を掌握した者は野放図に何でも出来るという意識が根底にあり、それを周囲も容認し、かつ批判もしない。恰も絶対君主の持ち主の振る舞いである。
その当事者が、自衛隊を憲法九条に明記すると主張する意図がどこにある。このことを推し進めて考えると問題点は明白ではなかろうか。行き着く先が徴兵制の導入であることは論理的帰結になるのではなかろうか。
制服を着た自衛隊員が地方の私鉄の駅構内で机を並べて自衛官を募集しているのが現状である。さすれば、一端事が生じた時にどうなるかは考えてみるだけで事態の展開は見えるのではなかろうか。憲法に明記された自衛隊に自衛の義務を果たすために、国民は自衛の義務を負うとの大義名分を持ちだして、不足する自衛隊員の補充に関わる規定を立法化することは容易に想定内に入る事案であろう。
日経の論説主幹は、我が国の憲法は他国に比べて「低い『規律密度』と称して、流石に九条に自衛隊の明記をすることまでは主張しないが、理念を掲げるのが憲法であるとすれば、憲法に規律密度を濃くすることを求めるのは、抜け穴を設けると同義だという陥穽を意図的に無視しているように思われる。
大日本帝国憲法が、天皇は神聖にして侵すべからずと規定する一方で、三権を掌握するという神聖性を限定するにも拘わらず、前者、つまり天皇の神聖性を巧みに利用する呪術的憲法として運用されたと同じように、主権在民の現行憲法でも選挙制度の欠陥は無視して、否巧妙に悪用して多数勢力を制した政権与党によって選出された首相は独裁的権限を行使できると独断的に思わせようとして呪縛を強めているのが自民公明党の政治的姿勢ではないか、と考えている。
ついでに言えば、規律密度の濃い憲法を規定せんがために、自衛隊を憲法九条に加えるならば、自衛の義務を果たすために献身するのは、この規定導入に積極的に賛同した自民公明党の幹部の子弟、更にはその支持者が先ずその責務を果たさなればならないとの一項を加えた憲法改正案を出すべきである。それが國を自ら率先して守ることを求める信義であり、国民の安心と安全を守る政治である。国民を権力者の恣意に任せた盾にしないための保証は担保されなければならない。
「民信無くんば立たず」の言に従えば、「蔓草すら猶お除くべからず、況んや云々をや」と言って然るべき権力把持者の許で我々衆庶は手足の置き所を失いかねない状態なのである。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0