So-net無料ブログ作成

この親分にしてこの子分あり [政治]

更迭された今村前復興大臣は二階幹事長の派閥の会合で暴言を放った。その二階幹事長は暴言の問題を報道の質の問題にすり替えて擁護したつもりになっている。震災地で苦難を強いられている人々への心遣いなどさらさらないことを二階幹事長も暴露しているようなものである。政権与党の幹事長がこのような政治姿勢であるから、復興の道も日暮れて道遠しというように被災者が不信を募らすのも宜なる哉であろう。
安倍首相も震災者の心情を逆なでするような不適切な発言だったと言っているが、五輪招致の際の原発事故は完全にアンダーコントロールされていると嘯いていたのだから、その言葉も被災者に響くものではなかったろう。そもそも今村氏のような人物を任命したところに復興対応の姿勢の軽さが見て取れるし、事実をねじ曲げ、覆い隠してまでオリンピック招致に情熱を傾けたところにその政治感覚と政治運営の本質があるのだということなのであろう。
今村氏は本心から謝罪しているのであれば、議員辞職をして福島や岩手や宮城県でなくても、甚大な震災を蒙って今なお苦しんでいる隣県熊本の被災地のために粉骨砕身して政治家としての再起を図るべきであろう。そのことが大臣まで務めた為政者としての「復興」ではないかと存念する。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0