So-net無料ブログ作成
検索選択

比例代表制選出の長島議員の民進党離党と議員資格 [政治]

長島昭久議員が民進党を離党した。民進党が共産党との連携を深めていることについて、政治信条としてこの党にとどまることが出来ないと言うのが、離党の大きな理由である。彼は比例代表で選出されている議員である。
民進党は彼を除名処分にして、かつ議員辞職も求めている。長島氏は、議員辞職には応じていない。新党結成に動いているとも報ぜられている。新党結成の前に、まず議員辞職をするのが政治家として当然の責務であろう。なぜなら民進党の比例代表で当選しているからである。
彼は民進党の政策変質が許されないとして離党を決意をしている。政党は時代や政治状況で政策を変えることもある。自己の政治信条と相容れないというのであれば、政党人として党内で自己の政治信条に添うように各党員に自己の主張を説き続け多数の賛同者を得るように努めるのが筋であろう。多数派工作に努める道半ばにして退却するのが今回の離党行為であろう。
従って、自己の政治信条と異なる政党の比例代表議員として選出された議席だけは維持しようをするのは、何の為に政治家を志しているのかという根本的政治姿勢や政治信条を自ら蔑ろにしているということになろう。そもそもそのような高邁な政治信条などは脇に置いて議員を続けたいというのであれば、民進党の政策変更を理由にして民進党を批判することは自己撞着になる。民進党の党是の変容は許されないが、自己の政治信条の変身は許して貰いたい、貰えるというのであるから低劣な政治姿勢だとも言える。
彼は民主党政権下で防衛副大臣を務めている。自己の都合や利害を優先する政治家が防衛副大臣を務めるのだから、一端事あった時の政治行動がどのようになるのかは推測するだけで心寒いものがある。
そもそも論から言えば、比例代表制などを導入している現行の選挙制度に問題があることが明白であろう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0